子ども・幼児のピアノの習い事・おけいこの効果


子ども・幼児の習い事で人気なのがピアノのおけいこるんるん
女の子の子どもがいらっしゃるおうちで、
音楽の習い事をさせようと思ったら、まず候補に挙がりますよね。


ピアノの習い事・おけいこをさせることで得られる効果
いったいどういうものでしょうか。


まず、よく耳にするのが絶対音感。
絶対音感を身につけると、音楽を学んだり楽器を演奏したりする際に
有利だと言われています。音を聞いてすぐにどの音かわかるので
ピアノなどが習得しやすいといわれています手(チョキ)


もちろん、絶対音感があるから音楽家になれるかというと、
そうではなく有名な音楽家でも絶対音感がなかったり、
小さい時に音楽を学んでいなかったという人もいます。


しかし、私自身、また私の娘も子ども・幼児期にピアノを習ったおかげで
音に対する感覚は磨かれたように思いますぴかぴか(新しい)
音楽家にはなりませんでしたが、人まで歌を歌うとか、
キーを聞き分ける能力は、子ども・幼児期にピアノを
習ったおかげ
だと思います。


音楽は聴音力が伸びるといわれる4〜5才ぐらいまでに
始めるベストとされているので、ピアノを習わせるなら
小学生低学年あたりまでには始めたいところです。



その頃にピアノを2,3年習っただけでも、大人になって
楽譜さえ読めたら自分でピアノを自由に演奏することも
できまするんるん実際、私の知り合いもそうです。


<検索ありがとうございます!>
幼児 習い事 ランキング
子供 習い事 ランキング
男の子 習い事 ランキング
ヤマハ音楽教室 口コミ
カワイ音楽教室 口コミ


子ども・幼児期にピアノの習い事・おけいこをすることで、
音楽に対する抵抗感がなくなり、
将来的な趣味にもつながる
かもしれません。

スポンサードリンク


posted by 幼児・子どものための習い事・おけいこ at | 幼児・子供の音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。