東大生の習い事〜幼児・子ども期で多かったのは?


東大生が幼児・子ども期にしていた習い事
特集がありました。
方法は、東大生にアンケートを実施し、幼少期の
勉強方法や習い事を調査するもの。


これを習わせたから賢くなる、という確証はもちろん
ありませんがあせあせ(飛び散る汗)参考になるというか、面白いなぁという
データが出ていましたるんるん
それは・・・


幼児期に水泳の習い事をしていた人が多い


ということ。


およそ半数以上が水泳の習い事をしていたそうです。
水泳がなぜよいかというと、タイムや距離など具体的な
達成目標がある点。
単に水遊びではなく、競争や集中力、
瞬発力といった基礎的能力が高められるからだそうですぴかぴか(新しい)


幼少期、とくに幼児期は基礎的能力を高める時期。
刺激が教育となってそれが脳の活性化につながるとのことです。


東大生の習い事から読み取れることは、
幼児・子ども期の習い事が、必ずしも机に向かって行う勉強がよいとも限らないこと。
適切な刺激を与えてあげることで、教育を行うことが
結果的によい影響をもたらす可能性が高いことだと思いますぴかぴか(新しい)


最近の幼児教室では、上記のような基礎的能力を
高めることに重点を置いている教室が増えてきているように
思います。
幼児教室を選ぶ際の指針にもなると思います。

<参考>
幼児教室の選び方


<検索ありがとうございます!>
幼児 習い事 ランキング
子供 習い事 ランキング
男の子 習い事 ランキング
ヤマハ音楽教室 口コミ
カワイ音楽教室 口コミ


東大生の習い事からわかる幼少期の習い事の選び方。参考になる番組でした。

スポンサードリンク


posted by 幼児・子どものための習い事・おけいこ at | 幼児・子どもの習い事・おけいこの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。